ネコソギニュース

 

O2O七夕TAKAMATSU AIRPORT 2022夏。 ~TSUNAGARU CHALLENGE IMPACT~ わくわくと心に刻む『感動体験』イベントになる。を終えて。イベント実施レポート

【イベント実施概要】

テーマ: 『香川創生/関係人口アプローチ』イベント名: O2O七夕TAKAMSTSU AIRPORT2022夏。サブタイトル: ~TSUNAGARU CHALLENGE IMPACT~         わくわくと心に刻む「感動体験」イベントになる。

【イベント開催目的】

  • オンライン発信を通して関係人口へのアプローチ(認知)➨交流人口へ繋がる(印象に残る人・体験との出逢い/リピートで来県)➡定住人口へ繋がる導線を想定
  • 社会的意味・意義のあるイベント開催を通して、人口減少問題への県民意識の向上

【イベント開催日時】7月16日・17日・18日・23日・24日(5日間貸切)

【イベント開催場所】高松空港1F国際線チェックインカウンターエリア&2F国際線出発ロビー

 

【5日間統一イベント内容】

https://drive.google.com/file/d/1aoYz_LgYVx47c4I_OcoQODulbzlIuslZ/view?usp=sharing

① 【意義】「真・七夕イズム」世界平和への祈り/TSUNAGARU命ワークショップ

■七夕の歴史や真実を知り短冊に願い事をかく→8/7田村神社へ奉納(1,200枚超)

七夕の歴史・真実/クイズ

七夕短冊ワークショップ状況

ポストイット短冊貼付状況

 

■ウルトラガラポン/商品準備点数450個/1日×5日間=2,250個/多数商品協賛

ウルトラガラポン商品陳列状況

ウルトラガラポン状況

ウルトラガラポン状況

②【強み・意義】テーマ「アフターコロナの未来」/社会課題に寄り添うステージイベント

■特設ステージイベント/Twitterオンライン・ライブ配信/YouTube(アーカイブ)動画

特設ステージ設置状況特設ステージ設置状況

特設ステージ設置状況特設ステージ設置状況

Twitterオンライン・ライブ配信状況

アーカイブ記録映像状況

 

■各イベントに出店したマルシェブースやワークショップ(2F出発ロビー前)

各マルシェ出店ブース状況

各マルシェ出店ブース状況

各マルシェ出店ブース状況

子供向けワークショップ状況

【各特設ステージ/イベント内容】

7月16日(土)熱狂!フィットネス祭り/うどんだけじゃないFITNESS王国宣言開催概要

https://sites.google.com/view/o2otanabatatakamatsufitnes

■地域社会が抱える課題

・うどん県として塩分摂取機会も多く三大生活習慣病死亡率は全国平均より高い

・香川県は、生活習慣病である糖尿病死亡率(R2人口動態統計、人口10万対)17.7人。

秋田県についで全国第2位である。

・車社会と言われるほど香川県民は自動車依存率が高く、運動不足に陥りやすい

・コロナ禍の影響により、フィットネス人口が減り、香川県民の運動機会が減っている。

■フィットネス業界が抱える課題

・コロナ禍の影響により、街中ではコナミスポーツクラブの退店や郊外型フィットネスクラブまちけんの破綻などにより、フィットネス難民が増え機会損失に繋がっている。

・フィットネスクラブにおいて、インストラクターの後継者不足と高齢化が進んでいる。

■イベント開催意義

新型コロナウイルス感染症拡大が長期化する中、日々の健康管理・免疫力向上の大切さや健康寿命の延伸への取り組みがより重要になったにも関わらず、総合フィットネスクラブの破綻や退店などによりフィットネス難民が増え、機会損失に繋がっている。インストラクターの後継者不足などの状況も踏まえ、「熱狂!フィットネス祭」を開催する事で、香川県民の健康寿命への意識向上やフィットネス業界を盛上げる一助となる。高松空港という「非日常空間」でフィットネス・スタジオレッスンを体験する事で、多くの香川県民が活性化する。車社会と言われるほど香川県民は自動車依存率が高く、運動不足に陥りやすい。

■顧客ターゲット

・フィットネス・スタジオレッスンに興味がある初心者(比較的若い20~40歳代・男女)

・日頃からフィットネス・スタジオレッスンに通うヘビーユーザー(30~60歳代・男女)

■参加者にとっての参加メリット

・初心者でも気軽に参加できるレッスンプログラムを用意した。

・ヘビーユーザーには、東京から招待したカリスマインストラクター2名&香川県内で活躍するインストラクターの

プログラムを用意した。

 

7月17日(日)子育てするなら香川県!習い事フェス/輝く子どもたちの未来のために開催概要

https://sites.google.com/view/o2otanabatanaraigoto

■地域社会が抱える課題(一部文部科学省資料抜粋)

・幼児教育課程を取巻く環境(三つ子の魂百まで)

幼児教育を担う家庭・地域社会・幼稚園等施設は、その責任と役割を十分に果たしてきたか?それぞれの当事者意識を持って考えることが必要である。幼児の発達や生活においては、三社の連携や補完が必ずしも十分ではなかったのではないか?

・義務教育課程を取巻く環境(10歳~15歳までの教育制度設計が不十分)

義務教育を巡っては、いじめ、不登校、校内暴力、学習意欲や学力の低下といった様々な課題が生じている。少子化の中で、子供は大人に取り囲まれて育つこととなり、人間性を鍛える機会が少なくなっている。何のために学校に行くのか?の意識が子供達にうまく合っていない。家庭の教育力や地域共同社会意識の低下から、学校教育への期待が過度に増し、学校現場の加重負担感が広がっている。先生の離職者の増加と人材不足を問題視。

・子育て世代の親達を取巻く環境核家族化が進行し、夫婦共働きや社会問題にも発展しつつある片親問題、貧困問題等、「忙しすぎる親達が子供に構ってやれない」環境にある。核家族化の進行や地域における地縁的な繋がりの希薄化などを背景に、親自身が孤立感を募らせ、情緒が不安定になっているケースも増えている。子育てに価値を見出せないことで、ストレスを感じている。

・0歳~15歳の子供たちを取巻く環境

上記からも、児童相談所における虐待に関する相談件数も増加している。家庭・地域社会からの十分なしつけや教育を受ける事ができず、子育て環境、教育環境が悪化している。

■コロナ禍による「習い事」への影響

・各種イベントの中止や延期などから、子供達のお披露目の場「目標設定」がなくなり、連帯での成功体験や感動体験をする場・成長できる場を機会損失してきた。

■イベント開催意義

新型コロナウイルス感染症拡大が長期化する中、子供達や子育て世代を取り巻く社会環境が激変し、大切なものを分断してきた。特に未来を担う若い世代への影響は、「機会損失」というカタチで期限を奪い尽くしてきた。高松空港1Fチェックインカウンターエリアに「とびっきり」の特設ステージをお披露目の場とすることで、子供達にとって、親達にとって、かけがえのない想い出となる。

「こけしのおもいっきり生ライブ配信」トークイベントでは、元学校の先生、極真空手道場副館長(世界大会銀メダリスト)、地域社会の私、こけし師匠の4人が本音で語りあった。

テーマ:「教育現場」×「習い事」の未来→とても有意義なトークセッションとなった。

■顧客ターゲット

・習い事をする3歳~15歳の子供達

・子供達の習い事を応援する親、祖父、祖母

■参加者にとってのメリット

・習い事を通して、お披露目の場を親子で共有し、かけがえのない想い出づくりができた。

・トークイベントでの本音が、これからの地域コミュニティでの教育のヒントになった。

・貴重な経験を通して、親子や友達との絆が深まった。

 

7月18日(月)白越いりこプレゼンツ「いりフェス!」アニメ&キャラクター開催概要

https://sites.google.com/view/o2otakamatsuirifes

■地域社会が抱える課題

香川県の人口は、平成11年の約103万人をピークとして減少に転じ、令和元年の人口は約96万人と、平成12年以来20年連続の減少となっている。そこに、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、令和2年/▲7,337人減。令和3年/▲9,022人減。2年連続で過去最高の減少率を更新。人口減少に拍車がかかり、現在の人口は、22年連続減少の93.5万人。早々に90万人を切る勢いである。

■イベント開催意義(関係人口へのアプローチ)

アニメは、日本のサブカルチャーとして、全世界に認知されている。香川県ご当地Ⅴtuber「白越いりこ」による Twitter ライブ配信やアーカイブ動画を通して、高松空港会場に足を運ばれた方はもちろんオンラインで日本国内はもとより全世界へ発信した。インプレッション数は7,128アクセスに達し、県外の方中心に Twitter ライブ配信を楽しんでもらえた。イベントのオンライン発信を通して「関係人口」へのアプローチができた。

人気声優ステージには、「山口勝平さん」をお招きして、会場では大いに盛り上がった。

ゆるキャラステージには、さぬどん、みっけちゃん、こんぴーくん、さかいでまろ、コーすけが参加し、同じくオフライン&オンライン発信ができた。

■顧客ターゲット

・オフライン/県内のアニメ好きの親子や若い世代

・オンライン/日本国内、全世界のアニメ好きの方・香川県に興味のある方

■参加者にとってのメリット

・人気声優「山口勝平さん」トークショーは、高松空港会場限定イベントの為、会場に足を運ばれた方には、楽しんでもらえた。声優を目指す若い世代には良い刺激になった。

・自治体との連携によりゆるキャラステージで関係人口にもPRできた。来場者も楽しんだ。

7月23日(土)瀬戸内スタディマルシェ/夏休みの宿題にもなる!楽しいワークショップ

開催概要 https://peraichi.com/landing_pages/view/setouchisutudy  開催時間:10:00~16:00

■地域社会が抱える課題(一部文部科学省抜粋)

・子育てパパママの課題  日本経済は農耕社会から工業社会へ、そして現在は、情報社会へと大きな構造変化の渦中にある。このような社会構造の変化に伴い、現在、共働き世帯が半数を超え、両親が家庭にいる時間が少なくなり、また、地域社会の連帯感も希薄になっている。社会問題に発展しつつある片親世帯・貧困世帯の増加も危惧される。「忙しすぎるパパママが子供に構ってやれない」ことから、家庭における教育力が低下している。

・少子化の子供達の課題  少子化と核家族化の進行によって、近所の子供達が集まって遊ぶ機会が減った。インターネットやゲームなど、屋内かつ一人で完結する遊びが増えたのもその要因である。地域のつながりが希薄になり、近所の大人がよその子供に対して話しかけることも、現代ではまれになった。そのため、これまでは自然と身についていた運動能力や好奇心、人間関係を築く力が身につきにくくなっていることから、社会における教育力が低下している。

■イベント開催意義

夏休み最初の土日という事で、親子で楽しめるワークショップやステージイベントを開催した。上記のように、家庭や社会における教育力が低下している子育て環境を踏まえ、親子で「夏休みの宿題」をテーマに共同作業を通して、親子間コミュニケーションを図ると共に、会場にみえた家族と家族が交流したり、意義のあるイベントとなった。

■顧客ターゲット

・香川県に定住する子育て世代の親子

・イベントを通して交流を持ちたい親子

■参加者にとってのメリット

・子育てパパママにとって  日頃の忙しさから、十分に子供に構いにくい家庭環境にある中、イベントを通して、子供と一緒に楽しみながらコミュニケーションを育めた。

 

・少子化の子供達にとって  高松空港という特別な場所で、「お父さん、お母さんと一緒に夏休みの想い出」を共有できた。また、ワークショップを通して友達と交流できた。

・高松空港の裏側体験ツアーなど、親子で楽しめるイベントとなった。

空港ターミナル見学ツアー/食育ワークショップの状況

 

7月23日(土)瀬戸内スカイ音楽祭/地方からでもチャレンジできる!世界へテイクオフ開催概要

https://t.livepocket.jp/e/q3vk   開催時間 16:30~19:30

■地域社会が抱える課題

昨今、「子供達に夢がない」と言われ、夢をもつことの大切さが言われているが、大人達は、それだけの夢を子供達に語れているのだろうか?コロナウイルス感染症拡大の影響により、各種イベントが相次いで中止になる状況下で、ミュージシャンやご当地アイドル達も発信の場を失ってきた。実は、別の深刻な問題として、われわれに「希望」がないということである。つまり、現在の自分に対して「成功・感動体験」の経験値が少なく、自分自身に自信が持てない理由から、将来への期待が持てない状態にある。

「何かしら、なりたい仕事を決めなければならない」という義務感を伴ったニュアンスにもなりがちであるが、職業だけに限定せず、「やりたいこと」などのように、もっと広く個々人の「希望(子供達や若い世代が自信を持ち、将来に期待が持てる状態)」をどう育てるのか?「もしかしたら自分にも色々と可能性があるかもしれない」という状態が必要である。

■イベント開催意義

「やりたいこと=夢」というものをもっと身近に感じてもらえるように。また、高松空港でライブイベントに参加できたという実績を作ることで、「成功・感動体験」を感じてもらえた。日頃から演者を応援し支えるファン達にとっても特別なイベントになった。

■顧客ターゲット

・日頃から「やりたいこと」を体現している演者

・日頃から演者を応援するファンの方

■参加者にとってのメリット

もう二度とない高松空港という場所(特設ステージ)を通して、演者は、日頃のパフォーマンスをお披露目し、ファンの方との特別感のある交流を持つことができた。

 

7月24日(日)Tik Toker Fes!総合SNSフォロワー500万人超!

開催概要書 https://www.canva.com/design/DAFCzIjYWKk/VLDnDZgDph1SNsrAKkhp1w/view?website#4

■地域社会が抱える課題

香川県の人口は、平成11年の約103万人をピークとして減少に転じ、令和元年の人口は約96万人と、平成12年以来20年連続の減少となっている。そこに、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、令和2年/▲7,337人減。令和3年/▲9,022人減。2年連続で過去最高の減少率を更新。人口減少に拍車がかかり、現在の人口は、22年連続減少の93.5万人。早々に90万人を切る勢いである。

昨今、「子供達に夢がない」と言われ、夢をもつことの大切さが言われているが、大人達は、それだけの夢を子供達に語れているのだろうか?実は、別の深刻な問題として、われわれに「希望」がないということである。つまり、現在の自分に対して「成功・感動体験」の経験値が少なく、自分自身に自信が持てない理由から、将来への期待が持てない状態にある。

「何かしら、なりたい仕事をきめなければならない」という義務感を伴ったニュアンスにもなりがちであるが、職業だけに限定せず、「やりたいこと」などのように、もっと広く個々人の「希望(子供達や若い世代が自信を持ち、将来に期待が持てる状態)」をどう育てるのか?「もしかしたら自分にも色々と可能性があるかもしれない」という状態が必要である。

■イベント開催意義

総合SNSフォロワー500万人を超えるTik Toker達が結集して、トークショーや生演奏などを披露した。オンラインでの発信により関係人口にアプローチでき、特に高校生や大学生中心に「香川県で面白いイベントを開催している」話題性の訴求ができた。Tik Tokerのみならず、YouTuberなど、「夢=やりたいこと」をキーワードとして比較的若い世代の関係人口や地元の学生達に訴求できた。

■顧客ターゲット

・高校生を中心とした地元学生

・オンライン上で、Tik TokerやYouTuberに興味を持つ若い世代

■参加者にとってのメリット会場に来場する事で、全国的に活躍するTik Tokerに会える

会場やオンライン上で、普段とは違う演出のTik Toker達に触れ合える。

Tik Tokerトークショー状況     音楽ライブ状況     地元学生との記念写真

 

 

【イベントにおける集客・宣伝方法】拡散スピード・拡散性に優れた宣伝方法を採用した。

■紙媒体/電波媒体(広告宣伝費)

・リビング新聞一面広告7/15号(7/16・17・18開催分)

・リビング新聞一面広告7/22号(7/23・24開催分)

・TV-CMスポット/KSB瀬戸内海放送(7/1~7/15まで)

・TV-CMスポット/RNC西日本放送(7/1~7/15まで)

【イベント開催における借料】特設ステージ周り/マルシェ用備品

■会場費

・高松空港イベントスペース利用料金(5日間貸切)

■特設ステージ設置費用/長椅子・パイプ椅子等レンタル費用

・特設ステージ設置費用及び長机・パイプ椅子等レンタル料金

■特設ステージ演出用効果照明設置費用/オペレーター費用

・舞台照明費設置費用及びLEDパーライト・照明オペレーター料金

■特設ステージ用音響機材設置費用/オペレーター費用

・音響機材設置費用及び音響オペレーター料金有効性

■(一社)香川県ネコソギ・イノベーション推進協議会にとって

・スタートアップ時の事務局は、当面エニシア高松内事務所に設置することで、ランニングコストを軽減できる。TP

Oに合わせた会議室を利用できる強みがある。

・日頃から平井卓也衆議院議員をはじめ高松市議会議員中心に情報交換を行っている。香川創生イベントを通して、他の自治体との連携も強化していきたい。(キャラクターイベント等)

■参加者(会員)にとって

企業会員/月額2,200円(年払い26,400円)・個人会員/月額1,100円(年払い13,200円)と負担額が少ないので、会員募集しやすい。「香川県を良くしたい」想いを共有できる多方面の方々(企業、会社員、学校の先生、行政、専門家、主婦、学生、政治家etc)と幅広く交流、意見交換できるので、参加する方々にとっても、人との繋がりの中から人生ビジョンに拡がりが生まれる。

■社会(香川県民)にとって過去の歴史からみても、時代の変革を成し遂げてきたのは、民のチカラである。

社会のお困り事に寄り添う風通しの良い委員会の立上げや香川創生イベントを通して、一人でも多くの香川県民に対して意味&意義を共有してもらうことができる。少子超高齢化/人口減少・流出が経済・社会にもたらす影響に危機感を持ってもらえる。

波及性香川県の人口は、平成11年の約103万人をピークとして減少に転じ、コロナ禍の中、人口減少に拍車がかかり、現在の人口は、22年連続減少の93.5万人。「少子超高齢化/人口減少」問題は、解決できないという風潮こそ【負の波及性】である。そこで、その風潮を打破すべく香川県下における当社の活動を通して、ひろく認知してもらいながら、香川県民に【正の波及性】をもたらせるようにする。

①積極的に会員募集をし、多種多様な方々が相互に関わりあえる委員会を立ち上げる。

会員総数が増加する事で、課題解決に取り組む機運が高まり、活性化する。

②当社主催の七夕期間/香川創生ハイブリッド・イベントを通して、国内・外の関係人口にアプローチしながら香川県民を盛上げる。ステップとして、香川県人口の社会増を目指す。

・関係人口の増加により香川県に興味を持ってもらえる人が増える。(国内・外)

・関係人口が増加する事で、交流人口として来県する機会が増える。(国内・外)       ・関係人口/交流人口の増加により、定住人口への期待が大きくなる。(香川県人口の社会増)特に労働生産人口の増加を促すために、「移住・移民」政策を一体となって考案していく。

③各地で行われる香川創生イベントと連携し、活性化のお手伝いをする。

自治体のマスコットやキャラクターとアニメ(サブカルチャー)を融合した発信力の強化。

1人でも多くの県民が「人口減少/少子超高齢化」問題に危機感を持ち、先ずその気になる事が大切である。そして、県民が主体的に関わる事で、真の香川創生へと波及していく。

【高齢化・人口減少の経済への影響/内閣府】

https://www5.cao.go.jp/j-j/wp/wp-je08/08b03010.html

 

【人口減少に対応した経済社会のあり方/日本経済団体連合会/2008年10月14日】 https://www.keidanren.or.jp/japanese/policy/2008/073.pdf 人口推計-2022年1月確定値-

<総人口>   125,309万人

・15歳未満人口  14,718万人

・15~64歳人口  74,375万人

・65歳以上人口  36,215万人

・出生者過去最少・死者過去最多

・外国人流出初マイナス

・65歳以上の割合29%過去最高

・15歳~65歳の生産年齢人口割合59%過去最低・東京圏初マイナス

【人口減少が経済・社会に及ぼす影響】

  • 経済成長への影響

・労働力人口の減少

・貯蓄率低下による資本ストック蓄積鈍化

・消費住宅投資等の内需縮小

  • 財政・年金制度の持続可能性の喪失

・財政・年金制度の一人当たり負担が増大

・人口減少下での制度維持は著しく困難

  • 経済社会システムの脆弱化

医療、介護、教育、治安、防災等の経済社会システムは人手不足により機能が脆弱化

 

【イベント開催による効果】今回のハイブリッド・イベント開催により、香川県民や関係人口へのアプローチができた。

●香川県民へのアプローチ(実績値)

・リビング新聞一面広告(2回)/TVCM(KSB・RNC)/Facebook・Instagram有料広告等

・カリスマインストラクター、大物声優の山口勝平さん、有名Tik Tokerの話題性

・FM香川で活躍中の桂こけしさん、加藤直さん、吉本興業の梶剛さんらがMC(話題性)

(人)

イベント日 7/16(土) 7/17(日) 7/18(月) 7/23(土) 7/24(日) 5日間合計
高松空港来場者数 400 1,200 650 260 120 2,630

●関係人口へのアプローチ(県外・国外/実績値)

・Twitterオンライン・ライブ配信

・英会話コミュニティ「Ohanasi Kagawa」から全世界へ発信・カリスマインストラクター、大物声優の山口勝平さん、有名Tik Tokerがゲスト(話題性)

・FM香川で活躍中の桂こけしさん、加藤直さん、吉本興業の梶剛さんらがMC(話題性)

(回数)

イベント日 7/16(土) 7/17(日) 7/18(月) 7/23(土) 7/24(日) 5日間合計
インプレッション数 4,650 1,223 7,128 1,137 1,758 15,896

・Twitterオンライン・ライブ配信「インプレッション数」※ツイートがタイムラインに表示された回数

  • SNS・イベントページ・YouTube動画チャンネルによる効果

O2O七夕TAKAMATSU AIRPORT2022夏。イベントFacebookページ https://www.facebook.com/O2OTanabataTakamatsuAirport2022summer

O2O七夕TAKAMATSU AIRPORT2022夏。ランディング・ページ https://nekosogi.wixsite.com/o2otakamatsu

一般社団法人香川県ネコソギ・イノベーション推進協議会YouTubeチャンネル https://www.youtube.com/channel/UCT_zucvb8s_W8jTH4NtEOw

ハイブリッド・イベントの効果【強み】

①会場参加のメリット

・特設ステージでのライブ感や空気感を直接楽しめる。

・マルシェでの買い物、ワークショップに参加できる。

・人が集まる事で、来場者が盛り上がる。

②オンライン・ライブ配信

・コロナ禍でも、オンライン・ライブ配信で楽しめる。(入場制限等にも対応しやすい)

・関係人口/香川県やイベントに興味のある県外の方、国外の方へアプローチできる。

・スペシャルゲストの話題性で、オンライン・ライブ配信のインプレッション数を伸ばす事ができる。

来年に向けて(イベント収益効果/収益性を高める)

ステージバックパネル広告の状況

・スペシャルゲスト枠を設ける事で、インプレッション数を増やせる事が確認できた。来年度のイベントでは、ステージ協賛やその他協賛を集めやすくなる。(イベント収益確保を図る)

・今回のイベントについては、高松空港国際線の運航状況が決定したのが3月末。準備期間として3か月しかなかった。日程的に非常に厳しい状況下であった。来年度は、実行委員会を令和5年1月初旬に立ち上げて、準備期間を十分に取る。

・今回のイベントでの実績を踏まえて、実行委員会メンバーがあらかじめ揃っているのが強みである。さらにスケール感を演出する。

・今回のイベントでは、あえて高松空港に拘った。来年度はアクセスに便利な場所や駐車場の問題等をクリアできる場所を選定する。

・イベント実行委員会を組織する。委員長・副委員長・会計・広報部会・イベント部会・協賛部会他。組織運営をする。

イベント開催による認知度向上/会員獲得・集客促進効果

・スケール感のある「香川創生/関係人口アプローチ」ハイブリッド・イベントを七夕期間に合わせて年一回定期開催することで、当社の認知度向上/会員獲得・集客促進に繋がる。

↓↓↓(ステップ1)

・大型イベントを主催する事で、当社の認知度が向上する。

↓↓↓(ステップ2)

当社の強み

・法人会員費/個人会員費が競合他社と比較して低く設定。(参加しやすい)

・法人、個人(会社員・公務員・主婦・学生等)と幅広く募集できる。(会員数を増やしやすい)・当社には社会性がある。(少子超高齢化問題/人口減少・流出の課題解決に取り組む)

 

・イノベーション推進委員会

①会員参加型の委員会設置。(デジタル・DXを活用した水平連携・情報交換)

②委員会でブラッシュアップされた事業計画書をもとに、社会の問題解決型新サービスの考案。

(キーワード:シェアリング/異業種連携/隣接異業種連携/イノベーション)

・ハイブリッド・イベント委員会スケール感のあるハイブリッド・イベントを七夕期間に開催し、関係人口に発信する。(実行委員会)

・マルシェ出店委員会香川創生をテーマとした、各方面のイベントに積極的に参加する。(香川創生盛上隊)

・会員増強委員会広報活動やSNS→ランディング・ページ→ホームページ→YouTubeチャンネルへの導線(会員増強)

サービスの特徴

『香川県総人口150万人PROJECT』(あえて目標を高く設定)少子超高齢化/人口減少・流出問題に寄り添うと言っても、簡単ではない。千里の道も一歩目が必要。

[ステップ1]香川県人口社会減→社会増を目指す。(5カ年計画)

  • ハイブリッド・イベントの目的は、香川県民参加型であり、より多くの関係人口へアプローチする。

[イベントテーマ]会場参加型=定住人口(県内)へのアプローチ/オンライン発信=関係人口(国内・外)へのアプローチ

・フィットネス祭!/成人の免疫力向上・健康寿命の延伸(超高齢化問題)

・子育てするなら香川県!習い事フェス/家庭・社会・幼児教育・義務教育相互の関係性(少子化問題)

・いりフェス!アニメ&キャラクター/オンライン発信を通して、国内外・県内外へのアプローチ

  • 委員会の目的のひとつは、香川県民(定住人口)にとって、日本一の子育て環境を目指す。

[ステップ2]香川県人口社会増・自然減→社会増・自然増を目指す。(10カ年計画)

  • ハイブリッド・イベントを各諸団体との連携により、圧倒的なスケール感にする。
  • 委員会を成長させて、影響力を持たせる。政治・行政・各諸団体との水平連携・情報交換

●サービスの提供方法

≪内部体制(組織図)及び外部協力≫

  • 内部体制

内部体制は、個人会員・企業会員の参加者により構成し運営される。

PAGE TOP